4月
の旬の食材

スナップえんどう

%e3%82%b9%e3%83%8a%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a%e3%81%88%e3%82%93%e3%81%a8%e3%82%99%e3%81%86 210*210

3~6月

栄養

スナップえんどうは、βカロテン、ビタミンC、ビタミンK、カリウム、カルシウム、食物繊維、必須アミノ酸のリジンを豊富に含んでいます。

選び方

実がしっかり詰まっているものを選ぶと豆の甘みを楽しめます。サヤはふっくらとしていて肉厚なもの、ガクは鮮やかな緑色のものが鮮度のよいしるしです。

保存方法

スナップえんどうはシャキシャキ感がおいしさのポイント!早めに食べるのがおすすめですが、保存する場合は、ビニール袋に入れてから冷蔵庫へ。冷凍の場合は、固めにゆで、重ならないように並べてラップでぴったりと包み冷凍保存しましょう。

調理ポイント

調理する際は、通常下ゆでをします。まずヘタを折ってそこから筋をとり除き、沸騰した湯に塩を少量入れ、スナップえんどうを2分から3分ゆでます。塩を加えることでスナップえんどうにほのかな塩味を与え、甘みを引き出す効果があります。その際、スナップえんどうに含まれるビタミンは熱に弱いものも多いため、ゆですぎるとせっかくの栄養が流れ出てしまうので注意しましょう。ゆで上がったら、ザルに移して粗熱をとります。水につけて冷ますと栄養素やおいしさがやはり流れてしまうので、うちわなどを使って粗熱をとるとよいでしょう。
スナップえんどうを使ったレシピ
Totop