11月の旬の食材<にんじん> レシピ検索結果

にんじんには、ビタミンCやカリウム、カルシウムなどの栄養素が豊富に含まれています。オレンジ色の色素はカロテンによるもので、体内でビタミンAに変わるり、キャロット(carrot)を語源にもなっています。このカロテンはにんじんの皮に近い部分に多く含まれているため、皮ごと食べることで栄養を効率よく摂ることができます。にんじんは熱を加えると、カロテンの吸収率が2倍になります。生で細かく切って食べるよりも、煮たり炒めたりする方が栄養の吸収率がよくなります。また、にんじんに含まれるカロテンは油と一緒に摂取すると吸収力がアップする事から、にんじんの天ぷらなどもおすすめです。選ぶ時は、なるべくオレンジ色が濃いものを。表面の黒ずみやひび割れている人参は避けましょう。葉付きのものは葉がみずみずしい状態かをチェック。保存する時は、お店で買った袋詰めの状態のままだと、袋の中に結露が発生して傷みやすくなるため、買ったままの状態で冷蔵庫に入れず、表面の水気をしっかり拭き取りキッチンペーパーで1~2本ずつ包んでから、ビニール袋などに入れて冷蔵庫へ入れましょう。冷凍保存の場合は、使いやすい大きさにカットしてからフリーザーバッグなどに入れ冷凍庫へ。使う時は冷凍のまま使用します。冷蔵保存の場合は2~3週間、冷凍保存の場合は1カ月を目安に使い切るようにしましょう。
Totop