1月の旬の食材<ほうれん草>

ほうれん草は年間を通して手に入りますが、栄養価が高まり、美味しさも増す冬が旬。霜にあたって甘みが増すと言われています。緑黄色野菜の代表選手と言われる程栄養価が高く、とくにカロチンやビタミンC、鉄分を多く含んでいます。根元の赤い部分には骨を丈夫にするマンガンが豊富に含まれているので、捨てずにいただきましょう。アクが強いので、下ゆでして水にさらしてから調理するのがポイントですが、茹ですぎはビタミンCが損なわれてしまいますので注意しましょう。
Data?1408286279
Data?1408286279
ほうれん草は年間を通して手に入りますが、栄養価が高まり、美味しさも増す冬が旬。霜にあたって甘みが増すと言われています。緑黄色野菜の代表選手と言われる程栄養価が高く、とくにカロチンやビタミンC、鉄分を多く含んでいます。根元の赤い部分には骨を丈夫にするマンガンが豊富に含まれているので、捨てずにいただきましょう。アクが強いので、下ゆでして水にさらしてから調理するのがポイントですが、茹ですぎはビタミンCが損なわれてしまいますので注意しましょう。
Totop