照り焼きチキンの七夕ちらし

お刺身があまり得意ではないお子さんも楽しんで食べられる、天の川に見立てたちらし寿司です。「ヤマサ昆布つゆ」「ヤマサ昆布つゆ白だし」を使えば、だし汁いらずで作ることができます。みょうがなどの薬味は、お子さんにあわせて省いても。
人数5〜6人分
調理時間80分

ご飯を炊く時間含む

カロリー(1人分)571kcal
塩分(1人分)4.0 g
レシピ制作者神田智美
材料
鶏もも肉大1枚 (350-400g)
大さじ2
生姜1かけ
薄力粉適量
みりんヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ各大さじ2
しいたけ甘辛煮材料
しいたけ4枚
200ml
ヤマサ昆布つゆ50ml
れんこん白煮材料
れんこん80g
200ml
ヤマサ昆布つゆ白だし大さじ2
たまご3個
オクラ4本
いんげん8本
みょうが2本
かいわれ少々
大葉2-3枚
すし飯材料
3合
昆布5x7〜8cm 1枚
90ml
砂糖大さじ3
小さじ1と1/2

作り方

  1. 米は洗い、適切な水加減で昆布とともに炊いたらすし桶にあけ、合わせておいた酢、砂糖、塩をふりかけて切るように混ぜる。すし酢がなじんだら平らにならし、ぬれ布巾をかけて冷ましておく。
    すし桶がなければボウルでまぜ、大皿に広げてもOK。
  2. 鶏肉は小さ目の一口大に切ってボウルに入れ、酒、おろしたしょうがを加え、手でもむようにあえてしばらくおく。
  3. しいたけは石づきをとって薄切りにし、小鍋に水、「ヤマサ昆布つゆ」とともに入れ、5分ほどグツグツ煮たらそのまま冷ます。
  4. れんこんは薄いいちょう形切りにして酢水(分量外)にしばらくさらしたらざるにあげ、水、「ヤマサ昆布つゆ白だし」とともに小鍋に入れて、5分ほど煮たら、そのまま冷ます。
  5. 卵1個につき塩(分量外・ひとつまみ)を入れて溶いたら、薄くサラダ油(分量外)をひいたフライパンで薄焼き卵を3枚焼き、錦糸卵にする。
  6. オクラ、いんげんはさっとゆで、オクラは小口切りに、いんげんは斜め薄切りにする。みょうがは小口切りにして水にさらしたらざるにあげ、かいわれは食べやすい長さに切り、大葉は千切りにする。
  7. STEP2の鶏肉の水気をすて、茶こしで全体に薄力粉をまぶしたら、サラダ油(分量外・適量)をひいて強めの中火にかけたフライパンに、皮目から入れて焼く。
  8. STEP7によい焼き色がついたらひっくり返し、中火でもう片面も焼いたら、余分な油をキッチンペーパーで吸い取る。 みりん、鮮度の一滴を入れて鶏肉全体にからめ、水分がほぼなくなって照りが出たら火を止める。
  9. STEP1のすし飯の上に、汁気をのぞいたSTEP3とSTEP4、STEP5、STEP6、STEP8を、天の川に見立ててライン状に並べていく。食べる時は全体をよく和える。
このレシピに対するコメント

彩りいいし食べたい!

2016.07.20

「照り焼きチキンの七夕ちらし」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?