4月の旬の食材<レタス> レシピ検索結果

一年を通して食べられるレタスですが、おいしい時期は4~5月の春レタスと、6~9月の夏秋レタスです。全体の約95%が水分ですが、ビタミンC、E、カロテン、カリウム、カルシウム、食物繊維などをバランスよく含んでいます。レタスは包丁で切ると切り口が茶色くなり苦味も強くなってしまうので、料理をする時は手でちぎるのがおいしさのポイント。サラダなどは、手でちぎった方が断面が粗くなるため、ドレッシングも絡みやすくなります。 選ぶ時は、葉にハリがあってみずみずしく、硬すぎず、ゆるやかに巻いてあるもの。葉がぎっしりつまっていなく、見た目より軽いものを選ぶとよいでしょう。 レタスは全体を洗うと中から腐りやすいので、外側から葉をはがして使います。残った場合はラップで包むかビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で2~3日は保存できます。傷みやすいので、なるべく早めに食べきりましょう。
Totop