2月
の旬の食材

ブロッコリー

20162broc

11~3月

栄養

さまざまなビタミンやミネラルがとても多いブロッコリーは「野菜の王様」とも呼ばれ、とくにビタミンCが豊富で、その含有量はレモンの約2倍もあります。

選び方

全体に緑色が濃く、蕾が密集していて硬く引き締まっているものが鮮度のよいしるし。 また、花蕾の形がこんもりとしていて、中央部が盛り上がっているものを選ぶとよいでしょう。 切り口がみずみずしく、色が黒ずんでいないもの、茎に空洞などがないものが新鮮です。大ぶりなものほど熟度が高く、やわらかく甘みも強くなります。部分的に黄色く変色しているものは避けましょう。

保存方法

ブロッコリーはあまり日持ちがしないため、買ったらすぐに食べ切るのがベストですが、保存する場合はビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で立てて保存しましょう。小房に分けて下ゆでしてから、キッチンペーパーで水分をとり、ジップ付き保存袋に入れ冷凍保存するのも使いやすく便利です。

調理ポイント

一般的に花蕾(からい)と呼ばれるつぼみの部分がよく食べられますが、実は茎の部分にも栄養が豊富に含まれているので、薄くスライスしてゆでるなどして、積極的にとりいれましょう。
ブロッコリーを使ったレシピ
Totop