バターライスで作るオーブンいなり寿司

お子さん好みのオープンいなり寿司♪ ひな祭りにおすすめです。油揚げは「ヤマサ ぱぱっとちゃんと これ!うま!!つゆ」で簡単に煮あげ、酢飯は使わず、ウインナー&コーン入りのバターライスを入れています。上面は無理なくできる範囲で簡単に飾ってみました。
■「和の食材×世界の料理」や「世界の食材×和の料理」の意外な組み合わせで新しいおいしさを発見できる"和DEミックスレシピ "をもっと見る
個数10個分
調理時間40分
カロリー(1個分)149kcal
塩分(1個分)0.4 g
レシピ制作者神田智美
材料
油揚げ5枚
A
ヤマサ ぱぱっとちゃんと これ!うま!!つゆ70ml
250ml
ごはん(温かいもの)茶碗2杯
ウインナー3本
ホールコーン(缶詰)大さじ3ほど
オリーブオイル少々
こしょう適量
バター10~15g
<上面飾りその1>
にんじん花形(ハート型、星型などでも)6枚(厚さ4~5mm)
絹さや6枚
200ml
砂糖大さじ1/2
はちみつ小さじ1
スプラウト適量
<上面飾りその2>
1個
砂糖小さじ2
サラダ油少々
プチトマト1個
枝豆(冷凍)適量

作り方

  1. 油揚げは半分に切ってそれぞれ袋状に中身をはがし、鍋にAとともに入れる。落としぶた、さらに重石になるような皿をおき、中火から弱めの中火で水分が1割ほどになるまで煮る(7~8分目安)。鍋ごとおいてそのまま冷ましておく。
  2. <上面飾りその1の準備>小鍋に水を入れ、煮立ったら矢羽根切りにした絹さやを入れてさっと煮て、すぐに冷水にとる。残った湯に砂糖とはちみつをにんじんを入れ、弱めの中火でやわらかくなるまで煮る。スプラウトは2cmほどに切る。
  3. <上面飾りその2の準備>卵に砂糖を入れて溶く。フライパンにサラダ油を薄くひいで中火にかけ、温まったら弱火にして卵液を薄く円状に広げる。両面焼いてキッチンペーパーにとり、錦糸卵状に細く切る。プチトマトは4つのくし形切りにする。
    錦糸卵やごはんは少し多めに仕上がります。
  4. フライパンにオリーブオイルをひいて中火にかけ、5mm角ほどに切ったウインナーとホールコーンを炒める。ボウルに温かいごはん、バターとともに入れてしゃもじで合わせ、バターが溶けたら塩・こしょうを加えて好みの味に調味する。
  5. 油揚げの水気をぎゅっと絞り、中にSTEP4のごはんを詰め(あまりたくさん詰めすぎないように)、上部の油揚げを内側に織り込む。<上面飾りその1>はスプラウト、にんじんをのせ、絹さやを葉に仕立てて差し込む。<上面飾りその2>は錦糸卵を全体にのせ、トマトを中央に、その左右に枝豆を飾る。
    上にのせる飾りの中で、水気のあるものは、キッチンペーパーなどでしっかりとおさえてからのせましょう。
このレシピに対するコメント

見た目がとてもきれいですね。私にもできそうな飾りつけで、チャレンジしたくなりました。

2020.06.10

「バターライスで作るオーブンいなり寿司」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?