夏野菜のホイル焼きガーリックトースト添え

2589
夏のアウトドアシーンでも楽しめる、夏野菜を使った一品です。「ヤマサ鮮度の一滴 プレミアムしょうゆ」を使えば、アウトドアでも深い味わいが出せますよ!ガーリックトーストも添えて、一緒に味わうととてもおいしい♪スキレットなどの鉄パン+アルミ箔で作ります。自宅で楽しむ場合はオーブンで。

ポイント
焼けた野菜をガーリックトーストの上にのせて食べてもいいですし、底に野菜のうまみが出た「ヤマサ鮮度の一滴 プレミアムしょうゆ」のソースができているので、野菜だけで楽しむときはそれをたっぷりとかけて食べてもOK。ガーリックトーストにソースをつけて食べてもおいしいです。

人数4~5人分
調理時間50分

(焼き時間40分含む)

カロリー(1人分)297kcal
塩分(1人分)1.6g
レシピ制作者神田智美
材料
玉ねぎ1個
トマト1個
なす1本
ズッキーニ1本
赤パプリカ1/2個
ヤングコーン5本
アスパラガス5本
オリーブオイル大さじ3ほど
A
大さじ2
ヤマサ鮮度の一滴 プレミアムしょうゆ大さじ2
こしょう適量
ケチャップマヨネーズ粉チーズ適量
バケット1本
バター30g
にんにく(おろしたもの)少々
塩(バケット用)少々
パセリ(乾燥したもの)適量

作り方

  1. スキレットなどの鉄製のフライパンに薄っすらと油を伸ばし、アルミ箔を敷く(多めの野菜を包むので、かなり大きめのものを敷きます)。
  2. タマネギ、トマト、なす、ズッキーニ、赤パプリカは5~7mmの輪切りにする。ヤングコーンは斜めに2分割し、アスパラガスは3~4cm幅に切る(茎の皮が硬い場合はピーラーで削ぐ)。
  3. STEP1の底にタマネギを並べてオリーブオイルのうちの大さじ1をふりかけ、塩・こしょうをしっかりとする。
  4. さらにその上になす、ズッキーニ、トマトを重ねるように並べ、再び塩・こしょうをする。
  5. さらに赤パプリカ、ヤングコーン、アスパラガスを散らすようにのせ、塩・こしょうをしたら、残りのオリーブオイル、Aを全体にふりかける。
  6. さらにケチャップ、マヨネーズを上に斜めがけにしたら、アルミ箔で完全に上を覆って閉じる。
  7. 230度に予熱したオーブンで30~40分焼く。
    アウトドアの場合は、鉄パンごと網の上にのせてじっくりと焼く(強い火にはあてないようにします)。
  8. やわらかくしたバターにおろしにんにくを加えて練り、1.5cm幅ほどに斜め切りにしたバケットに塗る。塩少々をかけてアルミ箔にのせ、トースターでこんがりと焼く。仕上げに乾燥パセリをふる。
    アウトドアの場合は事前に自宅で軽めに焼いておき、現地で網の上で仕上げ焼きをするといいです。
  9. 野菜が焼き上がったら全体に粉チーズをふり、ガーリックトーストを添える。
    食べる時は全体を混ぜてもかまいません。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「夏野菜のホイル焼きガーリックトースト添え」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?
    Totop