がめ煮

がめ煮とはお正月などの行事に欠かせない、博多を中心とした福岡の郷土料理の一つ。諸説ありますが、主に博多弁で寄せ集めて煮る事を「がめくりこむ」が名前の由来とも言われてます。鶏肉や根菜類を一口大に切って煮込むだけととっても簡単なので、ぜひ!
人数2人分
調理時間25分
カロリー(1人分)502kcal
塩分(1人分)1.9 g
レシピ制作者Yuu
材料
鶏肉(もも)1枚(300g)
ごぼう2/3本(100g)
れんこん1/2節(100g)
にんじん1/3本(50g)
干ししいたけ2枚
こんにゃく100g
絹さや10枚
A
ヤマサ 絹しょうゆ小さじ1
小さじ1
B
だし汁1カップ(200ml)
ヤマサ 絹しょうゆ大さじ2と1/2
砂糖各大さじ2
みりん大さじ1
ごま油大さじ1/2
だし汁50mlを干ししいたけの戻し汁にしてもおいしいです。干ししいたけがなければ、普通のしいたけでもOKです。

作り方

  1. 鶏肉は一口サイズに切ってAを揉み込む。ごぼうはアルミホイルなどで皮をこそげ取って乱切りに、れんこんとにんじんも乱切りにする。干ししいたけはたっぷりの水で戻して4等分に切り、こんにゃくはスプーンで食べやすくちぎって熱湯で2分ほど茹でる。絹さやは斜め半分に切る。
    鶏肉に下味を揉み込むことで、味がボケず冷めてもおいしいです。
  2. フライパンにごま油を中火で熱し、鶏肉を炒める。鶏肉の色が8割がた変わったら、ごぼう・れんこん・にんじん・干ししいたけ・こんにゃくを加えてサッと炒める。
    フライパンを使用することで、早く均一に火が通り時短になります。
  3. 全体に油が回ったらbを加え、落し蓋をして10分ほど煮る。
    落し蓋は、アルミホイルやクッキングシートでOKです。
  4. 落し蓋を取って火を強め、煮汁がなくなるまで煮詰める。最後に絹さやを加え、サッと火を通したら完成。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「がめ煮」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?