しょうが焼きカツのおにぎらず

2353
味をしっかり入れた豚薄切り肉を重ねてカツにし、「おにぎらず」にします。これからの行楽シーズンのお供にいかがでしょうか。お弁当にしても傷まないよう、キャベツは加熱して使い、卵にもしっかりと火を通します。マヨネーズを使うので、持ち運ぶ時は保冷ボックス&保冷剤を使いましょう。
人数3-4人分
調理時間45分
カロリー(1人分)403kcal
塩分(1人分)1.7g
レシピ制作者神田智美
材料
ご飯茶碗に軽く4杯分
少々(ご飯用)
のり4枚
<しょうが焼きカツ>
豚ロース肉(しょうが焼き用薄切り肉)6枚
しょうがひとかけ
衣用薄力粉溶き卵パン粉各適量
A
大さじ2
ヤマサ鮮度の一滴 超特選しょうゆ大さじ2
<ごぼうサラダ>
ごぼう1/2本
にんじん1/4本
B
マヨネーズ大さじ1程度
ふたつまみ
こしょう白ごま適量
2個
ふたつまみ(卵用)
キャベツ2枚
大葉2枚
マヨネーズ各適量

作り方

  1. 丈夫な密閉袋に、豚肉、おろしたしょうが、Aを入れて袋の上からやさしくもみ込み、冷蔵庫にしばらく置いておく。
  2. キャベツを幅2〜3mmの細切りにしてざるに入れ、湯(浅め)が沸いている鍋にざるごと入れてサッと蒸し煮にしたら、水気をよくきって冷ましておく。
    衛生面を考えて、キャベツは加熱して使用します。冷ます時はざるに入れたままでOKです。
  3. ごぼうサラダを作る。ごぼう、にんじんは千切りにし、ごぼうはさっと水にさらしてざるにあげる。STEP2の鍋にさらに湯を足して再沸騰させたら、ごぼうとにんじんを入れてゆで、ざるにあげる。冷めたらボウルにBとともに入れ、よく和える。
    多めにできあがります。
  4. 卵1個に塩ひとつまみを入れて溶き、サラダ油(分量外・適量)をひいた卵焼き器に流し入れて 両面を焼く(卵2個分、2枚作る)。キッチンペーパーに取り、冷めたらそれぞれを正方形に近くなるように半分に切る。
    おにぎらずに成形しやすいよう、四角い卵焼き器で焼いて、さらに正方形に近くなるように切ります。 衛生面を考えて、卵は両面焼いてしっかりと火を通します。
  5. STEP1を3枚ずつ重ねたものを2組作り、それぞれに、薄力粉、溶き卵、パン粉を順にまぶしたら、 多めにサラダ油(分量外)をひいて中火にかけたフライパンで、両面こんがりとするまで揚げ焼きにする。 キッチンペーパーにとって粗熱を取ったら、それぞれおにぎらずに挟みやすいように半分に切る。
    豚肉を重ねる時に、脂身と赤身の部分に差がでにくいよう、向きを交互に重ねてあげるとよいです。
  6. ラップの上に海苔をおき角が上にくるようにしたら、それぞれ以下の順で中央に具を重ねていき、おにぎらずに成形する。成形後、ラップで全体をしっかりと包んだら、切る方向があるものはマスキングテープなどで印をつけるとよい。のりがなじむまでしばらくそのままおいておく。
  7. 1種類目(のり2枚分で2回作ります)。のり→ごはん(茶碗半量をなるべく四角くなるように広げる)→卵→キャベツ+マヨネーズ →しょうがやきカツ→ごはん(茶碗残り半量)+塩。
    キャベツのマヨネーズは切り口にかからないようにのせます。
  8. 2種類目(のり2枚分2回作ります) のり→ごはん(茶碗半量)→卵→大葉→ごぼうサラダ →しょうが焼きカツ→ごはん(茶碗残り半量)+塩。
    具をのせたあと高さが出てしまっても、のりの角と角がそれぞれくっつけば問題ないです。
  9. のりがなじんでいるのを確認したら、水でぬらした包丁で半分に切る。
    包丁は都度洗って水でぬらしてから切ります。
このレシピに対するコメント

お花見やお弁当に作ってみたいです

2017.03.19

おにきらずも作ってるー♪
夏休み中は何かと大変で今度作ります

2016.08.04

子供達が喜びそう!

2016.07.14

おいしそうだしかわいい^^

2016.07.12

キャンティ包みしてるのも、かわいくて真似したい♪

2016.07.12

「しょうが焼きカツのおにぎらず」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?
    Totop