超なめらか極うま枝豆のポタージュ

3374
昆布だし+「ヤマサ 鮮度生活絹しょうゆ」などで茹でた玉ねぎとじゃがいもでうま味のペーストを作り(ミキサー使用)、裏ごしをした枝豆を合わせて牛乳と生クリームで伸ばしていきます。ひと手間かけた分、ワンランクアップした極うまの枝豆ポタージュが完成します。
■「和の食材×世界の料理」や「世界の食材×和の料理」の意外な組み合わせで新しいおいしさを発見できる"和DEミックスレシピ "をもっと見る
人数4~5人分
調理時間45分

(昆布だしをひく時間はのぞく)

カロリー(1人分)201kcal
塩分(1人分)1.1 g
レシピ制作者神田智美
材料
枝豆400g(さや付きで2袋目安、薄皮をとりのぞいた状態で150gほど)
玉ねぎ中1/2個
じゃがいも2個(皮つきで120g目安)
オリーブオイル大さじ1
A
昆布だし300ml
ヤマサ 鮮度生活絹しょうゆ小さじ1
小さじ2/3
コンソメ粉末小さじ1/2
牛乳300ml
生クリーム100ml
少々(足りない場合に)
白こしょう適量
イタリアンパセリあれば
昆布だし=水500mlに対して昆布5gを入れ、弱火で煮立てないように気を付けながら30~40分煮出したものです。もしも時間がなければ、市販の昆布顆粒だしを使用してもかまいません。

作り方

  1. 鍋に多めに湯を沸かしておく。枝豆はざるに入れて水洗いしたら、塩(分量外)を多めに入れて全体をもむようにしてなじませ、そのまま沸いた湯に入れて12分間茹でる。
    塩は味付けではなく色がよく出るように入れています。通常の枝豆よりかなり長めにやわらかく茹でます。
  2. 玉ねぎは縦半分に切り、それぞれ繊維をたつ方向で薄切りにする。じゃがいもは5mm幅ほどの半月切りにする。
  3. 別の鍋にオリーブオイルを入れて弱めの中火にかけ、STEP2を焦がさないように注意しながら炒める。油がまわって玉ねぎがしんなりとしたらAを加え、ふたをしないで中火~弱めの中火で10分ほどかけて少し煮つめる(最初の方でアクが出るのですくい取る)。
  4. 枝豆は茹であがったらざるにあげ、キッチンペーパーを敷いたボウルなどにさやから出してとっていく。さらに薄皮を全部とりのぞく。
    長く茹でているので、水でぬれた手で豆を軽く押すと簡単に薄皮がはずれます。
  5. すり鉢にSTEP4を入れ、すりこぎで押したり回したりしながら枝豆をつぶす。だいたいつぶれたら裏ごし器にとり、ヘラでさらに裏ごしする。
    枝豆を裏ごしするのが面倒な場合は、すりつぶしたあと、STEP6で一緒にミキサーで混ぜてしまってもOKです。ただしなめらかさは劣ります。
  6. ミキサーにSTEP3を入れてじっくりと攪拌し、ペースト状にする。その半分は鍋に戻し、ミキサーに残ったペーストにはSTEP5をすべて加えて再び攪拌し、一体化したら、鍋にとっておいたペーストに加えてヘラでよく混ぜ合わせる。
  7. STEP6に牛乳を加えて泡だて器で伸ばし、弱めの中火にかける。湯気がふわっと立ったら生クリームを加え、味見をして塩気が足りないようなら塩をほんの少し足す。仕上げに白こしょうをしてなじませ、周りがプツプツとするまで温める。器に注ぎ、あればイタリアンパセリを浮かべる。冷蔵庫で冷やしていただいても。
このレシピに対するコメント

あっさりしてて夏向きですね、枝豆があるので早速作ってみます。

2019.07.10

「超なめらか極うま枝豆のポタージュ」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?
    Totop