茹で鶏といんげん・きくらげの中華和え

旬のいんげん豆・きくらげを茹で鶏と合わせて中華和えにすれば、お弁当にも嬉しい常備菜になります。この和え物をアレンジすれば、それぞれまた一味違うお料理にもなるのでぜひ作ってみてください。
■この常備菜を使ったアレンジレシピ「茹で鶏といんげん・きくらげの中華和えアレンジサンドイッチ」はコチラから♪

■この常備菜を使ったアレンジレシピ「茹で鶏といんげん・きくらげの中華和え入りの春巻き」はコチラから♪

ポイント
今回の中華和えは具材それぞれが均等の大きさになっていることが、食感も良くおいしく味わえるポイントです。

人数2人分
調理時間45分
カロリー(1人分)248kcal
塩分(1人分)1.5 g
レシピ制作者マッキー(@mackinpo)
材料
鶏肉(むね)200g
いんげん豆200g
きくらげ150g
<和え衣>
白ねぎ(みじん切り)大さじ1
しょうが(みじん切り)小さじ2
赤唐辛子(輪切り)1/2本
ごま(すったもの)大さじ2
ラー油大さじ1
小さじ1
砂糖小さじ2
ヤマサ 鮮度生活 絹しょうゆ減塩大さじ2

作り方

  1. きくらげはさっと洗い、ぬるま湯を入れたボウルの中で身が全体的にプリッとするまでつけておき、いんげん豆と同様の太さに切っておく。
  2. いんげん豆はヘタを切り落とし、熱湯に分量外の塩少々を入れた中でややかために茹で、水にさらして色止めをしてからザルに上げ水気をしっかり切り、のちに半分の長さに切っておく。
  3. 鶏むね肉は皮をはぎ、熱湯に塩少々を入れた中に投入したら火を止め、余熱で肉の中心まで火が入るよう30分程度放置しておく。十分に火が通ったら鍋から上げ、切ったいんげん豆の太さと同様の大きさにスライスする。
  4. 和え衣の材料をボウルの中で混ぜ合わせて作っておき、STEP1・2・3の鶏むね肉・いんげん豆・きくらげを入れたボウルの中に加え、身が崩れないよう両手を使ってさっと全体を混ぜ合わせるように和える。
  5. 鶏むね肉・いんげん豆・きくらげをそれぞれ綺麗に見えるようお皿に盛り付けて完成。
このレシピに対するコメント

美味しそうです!

2019.07.08

「茹で鶏といんげん・きくらげの中華和え」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?