基本の筑前煮

3134
根菜類などの具材が盛りだくさんの筑前煮は、どんな煮物よりも贅沢でおいしさの詰まった料理に感じられます。一つ一つの下ごしらえを丁寧に行うことが何よりのおいしさのポイント。ぜひ具材たっぷり、盛りだくさんで作ってみてください。
人数3~4人分
調理時間50分
カロリー(1人分)111kcal
塩分(1人分)1.5 g
レシピ制作者冨田 ただすけ
材料
鶏肉(もも)1/2枚
しいたけ(干したもの)2~3枚
こんにゃく1/2枚
れんこん150g
にんじん1/4本
ごぼう1/3本
里芋3~4個
絹さや4~5枚
サラダ油小さじ1/2
A
干し椎茸の戻し汁大さじ5
ヤマサ 鮮度生活絹しょうゆ大さじ2と1/2
みりん大さじ2
大さじ2

作り方

  1. 干し椎茸は水につけて戻しておき、軸を切り落として2~3等分に切る(椎茸の戻し汁は捨てずにとっておく)。鶏肉は大きめのひと口大に切り、にんじん、れんこん、ごぼうは乱切りにして、れんこんとごぼうは水にさらす。
  2. こんにゃくはスプーンで一口大にちぎり、塩ひとつまみ(分量外)をまぶして5分ほど置く。里芋は皮をむいて、大きいものは半分に切り、3分ほど下ゆでする。里芋の下ゆでの最後に、こんにゃくを鍋の中に入れてさっとゆで、里芋とこんにゃくをざる上げしておく。
    こんにゃくの下ごしらえは、時間のない時は「下ゆでだけ」もしくは「塩もみだけ」でも行うとよいです。
  3. 鍋にサラダ油を入れて中火にかけ、鶏肉、にんじん、こんにゃく、水気を切ったれんこんとごぼうを入れて炒め合わせる。
  4. 全体に油がまわれば、続けて干し椎茸と里芋を加えてさっと混ぜ合わせ、Aの調味料を加える(干し椎茸の戻し汁が足りなければ水を足して大さじ5にする)。沸いたら火を少し弱め、落し蓋をして10分煮る(鍋肌がぐつぐつ沸き立つ火加減を保っておく。また、10分の間に1~2回落し蓋を取ってヘラで全体を混ぜ合わせるとよい)。
  5. 10分後に落し蓋を取って、そのまま汁気を煮詰める。鍋底に煮汁が少なくなったら火加減を弱め、鍋を振りながら、鍋底に少し煮汁が残るくらいになれば火を止める。器に盛り付け、塩ゆでした絹さやを散らす。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「基本の筑前煮」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?
    Totop