トマトと麩のとろっと卵丼

もちっとした麩に煮汁がじんわりとしみ込み、酸味のあるトマトがアクセントに、とろっとした卵が病みつきになっていくらでも食べられますよ。とっても手軽に作れて、お腹いっぱいに。
■「和の食材×世界の料理」や「世界の食材×和の料理」の意外な組み合わせで新しいおいしさを発見できる"和DEミックスレシピ "をもっと見る
人数2~3人分
調理時間30分
カロリー(1人分)416kcal
塩分(1人分)1.8 g
レシピ制作者瀬 友美/ひよこ食堂
材料
トマト1/2個
小町麩10~12個
2個
青のり適量
温かいごはん茶碗2杯分
A(煮汁用)
300ml
ヤマサ昆布つゆ 白だし大さじ1と1/2
ヤマサ 鮮度生活絹しょうゆ小さじ1
みりん小さじ1/2
B(水溶き片栗粉用)
片栗粉大さじ1/2
大さじ1/2
麩は味噌汁などに使う一口サイズの小町麩を使用しています。

作り方

  1. トマトは0.7cm角に切り、卵は溶きほぐし、どんぶりに温かいごはんを盛り付けておく。
  2. 鍋にAを入れ煮立て、小町麩を入れ中火で1~2分煮たら、トマトを加えさっとひと煮立ちさせる。
  3. いったん火を止め、混ぜ合わせたBを回し入れる。再び火を入れ、とろっと煮立ったところで卵を回し入れ、少し固まり始めたら全体をゆっくりかき混ぜ蓋をして少し置く。どんぶりに盛り付け、青のりをちらして完成。
    煮汁に水溶き片栗粉を加えとろみをつけたら、溶き卵を回し入れ火の入れ過ぎに注意しふわっと仕上げます。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「トマトと麩のとろっと卵丼」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?