【手まり寿司のワンプレートおせち】茶碗蒸し

お重を使わないワンプレートおせちは、おしゃれな見た目と気軽に作れるのも嬉しいところ。3種の漬けをつかった手まり寿司で、お正月らしく華やかに。10分でできる即席煮は優しい味わいなので、輪切りの赤唐辛子を加えピリ辛にしてもおいしいです。「ヤマサ昆布つゆ白だし」を使った茶碗蒸しは、海老と三つ葉で彩りをそえて頂きます。

ポイント
このレシピは、「3種の手まり寿司」「切り昆布としいたけの即席煮」と組み合わせて、【手まり寿司のワンプレートおせち】になります。

茶碗蒸し4個分
調理時間30分
カロリー(1人分)72kcal
塩分(1人分)0.8 g
レシピ制作者柚木さとみ
材料
たまご2個
ヤマサ昆布つゆ白だし大さじ1
300ml
三つ葉4本
銀杏(缶詰)4粒
鶏ささみ1本
海老4尾
少々
少々

作り方

  1. 三つ葉はさっと湯通しして水にとり、結ぶ(結び三つ葉)。海老は殻と背ワタを除き、酒を加えた熱湯でゆでる。鶏ささみは8等分に切り、塩をまぶす。
  2. たまごをボウルに割り入れ、カラザを除いてよく溶きほぐす。ザルで一度漉し、Aを合わせよく混ぜる。
  3. 器に銀杏、鶏肉を入れ、STEP2のたまご液を流し入れる。蒸気の上がった蒸し器でに入れ、強火1〜2分加熱し、表面が白くなったら弱火に落として10~12分蒸す。
  4. 竹串などを刺してみて、倒れなければ火をとめ、海老と結び三つ葉をのせる。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「【手まり寿司のワンプレートおせち】茶碗蒸し」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?