イクラのおろし和え(ゆず釜にて)

ゆずの実を器に、見た目にも華やかさのあるイクラのおろし和えを作ります。美しく輝くいくらを財宝に見立てて豊かな一年を祈る一品です。魚の卵の類は一尾からとれる数も多いため、子孫繁栄の象徴としてお正月をはじめ、おめでたい席に喜ばれる食材です。
人数2人分
調理時間15分
カロリー(1人分)165kcal
塩分(1人分)0.8 g
レシピ制作者冨田 ただすけ
材料
黄柚子2個
大根250g
いくら(市販のしょうゆ漬け)30g
三つ葉1/4束
A
小さじ4
砂糖小さじ2
ヤマサ昆布つゆ白だし小さじ2/3
小さじ2

作り方

  1. 柚子は実の上側1/6を真横に切り落とす。実の皮と果肉の間の白いわたの部分に、包丁で1周切り込みを入れ、そこからスプーンを使って果肉だけを取り出す。
  2. 大根はおろし金ですりおろし、ざるに移して汁気をきつくしぼり出す。ぱさぱさになった大根おろしに、Aを合わせたものを合わせる。
  3. 三つ葉は1cm幅に切ってざるに入れ、さっと熱湯をまわしかける。冷水に落としてしっかり水気をしぼる。
  4. STEP2にSTEP3とイクラのしょうゆ漬けを混ぜ合わせ、STEP1の柚子釜に盛りつける。器に盛ってから、はじめに切り落とした上側を、蓋に見立てて立てかける。
    残った柚子の果肉は、しぼってぽん酢しょうゆなどに使ってみてください。
このレシピに対するコメント

綺麗〜。お正月に用意したいです。

2016.09.13

華やかで美味しそう

2015.12.30

「イクラのおろし和え(ゆず釜にて)」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?