ふくさ卵

2199
具だくさんで色めも華やかなふくさ卵は、卵系おせちの変わり種としておすすめです。伊達巻きや錦卵が甘いのに比べ、こちらは塩気のあるテイストに。お酒のおともとしてはもちろん、子どもが喜ぶおかずにもなります。冷めてもおいしいので、お弁当などのおかずとしても。
人数2-3人分
調理時間30-40分
カロリー(1人分)130kcal
塩分(1人分)1.4 g
レシピ制作者神田智美
材料
3個
ヤマサ昆布つゆ白だし小さじ2
ささみ1本
A
大さじ1/2
多めのひとつまみ
干ししいたけ2枚
たけのこ(水煮)30g
にんじん輪切りで2-3cm
枝豆(冷凍)解凍しさやから出した状態でカップ1/3ほど
パセリ適量
B
干ししいたけの戻し汁100ml
みりん大さじ1/2
小さじ1/3

作り方

  1. 干ししいたけを水(分量外適量)に浸けてもどしておく。
  2. ささみは筋を取りのぞいて半分に切ったら、耐熱容器にAとともに入れ、ラップで覆って600Wの電子レンジで1分ほど加熱する。
  3. STEP2を容器に入れたままフォークなどを使って細かくほぐし、そのまま冷ます。
  4. もどした干ししいたけ、たけのこは小さめの薄切りにし、にんじんは千切りにしたら、小鍋にBとともに入れて中火にかけ、アクをすくい取りながら煮汁が2割ほどになるまで煮る。煮汁ごと完全に冷ます。
  5. ボウルに卵と白だしを入れてよく混ぜ合わせたら、STEP3、STEP4をどちらも汁ごと入れ、さらに枝豆を入れてよく混ぜ合わせる。
  6. 卵焼き器に薄くサラダ油をひいて中火でよく温めたら、いったん火を止める。温度が落ち着いたらSTEP5を流し入れ、上をアルミ箔で覆ってとろ火でじっくりと火を入れる。
    卵焼き器は側面にもしっかりと油を塗っておきます。
  7. 卵の底面にしっかりと焼き色がついたら(中央は少し生っぽくてもよい)、大きめのフライ返しを底面全体にあててひっくり返す。
    ひっくり返す時の失敗を防ぐため、卵の底面にはしっかりとした焼き色をつけます。
  8. 再びとろ火で卵の底面に軽く焼き色がつくまで焼いたら、卵焼き器の上を覆うようにまな板をあて、卵焼き器をひっくり返すようにして卵をあける。
  9. 食べやすい大きさに切って器に盛り、パセリを添える。
    厚さ1.5cmほどで斜めに切るのがおすすめ。
このレシピに対するコメント

メインにもなりそうな卵焼きですね!

2016.08.13

彩りがきれい

2016.07.20

「ふくさ卵」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?
    Totop