シンガポールチキンライス

シンガポールの名物料理「海南鶏飯」を簡単にアレンジ。本来、鶏1羽を丸ごと煮込み、そのスープでご飯を炊きますが、家庭では大変。レンジで蒸し鶏を作り、煮汁を玄米ご飯に混ぜ込めば、短時間で出来上がります。ご飯とタレに加えた「ヤマサ昆布ぽん酢」が、日本人の口によく合います。鶏肉に含まれるナイアシンは血流を促し、しょうがの辛味成分は発汗を促すことで、冷え性の予防に働きかけます。
人数1人分
調理時間15分
カロリー(1人分)508kcal
塩分(1人分)1.9 g
材料
鶏もも肉100g
しょうがの皮 適量
少々
大さじ1/2
きゅうり1/4本
紫玉ねぎ1/8個
トマト1/8個
香菜適量
玄米ご飯150g
ヤマサ昆布ぽん酢小さじ1
A
ヤマサ昆布ぽん酢大さじ1
しょうが(すりおろし)1/2かけ分
はちみつ小さじ1/4
ごま油小さじ1/2
ひとつまみ

作り方

  1. 耐熱皿にしょうがの皮、鶏肉を広げ、塩、酒をふってラップをふんわりかける。電子レンジ(600W)で2~3分加熱する。ラップをしたままあら熱をとる。
  2. きゅうり、紫玉ねぎは薄切りにする。トマトはくし形に切る。香菜はざく切りにする。
  3. Aを混ぜ合わせ、タレを作る。
  4. 玄米ご飯にSTEP1の煮汁小さじ1、「ヤマサ昆布ぽん酢」を加え、切るように混ぜて器に盛る。
  5. STEP4の器にそぎ切りにしたSTEP1STEP2を色よく盛り、STEP3を添える。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「シンガポールチキンライス」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?