炊飯器で作る基本の栗おこわ

秋が旬の栗を使って、炊飯器で手軽におこわを作ります。冷めてももっちりとおいしい栗おこわは、行楽シーズンのお弁当にもぴったりです!

ポイント
蒸し器でも栗おこわは作れますが、このレシピでは手軽に炊飯器のおこわコースで炊くやり方を紹介しています。お持ちの炊飯器におこわコースがあるかどうかを確認してから取り掛かるようにしてください。

人数2人分
調理時間60分
カロリー(1人分)789kcal
塩分(1人分)1.6 g
レシピ制作者冨田 ただすけ
材料
400g
もち米2合
黒いりごま少々
A
ヤマサ昆布つゆ 白だし小さじ2
小さじ1/3

作り方

  1. もち米を炊飯器の内釜に入れてやさしく研ぐ(水を注いだら手で底からやさしく混ぜるくらいの研ぎ加減で)。何度か水を替えてから、炊飯器のおこわコースの2合の目盛りまで水を加え、そのまま30分ほど浸水させる。
  2. 栗はボウルに入れてぬるま湯を注ぎ入れて15分ほどおき、鬼皮を柔らかくする。栗のおしり近くを包丁で切り落とし、手で鬼皮をむき取る。続いて包丁で残った渋皮をむき取り、順次水にさらしていく(栗が大きければ半分に切る)。
  3. STEP1の炊飯器にAを加えて、手でさっと混ぜて調味料を溶かす。
  4. STEP2の水気を切って炊飯器に広げ入れ、おこわコースで炊飯する。
  5. 炊きあがれば全体をさっくりと混ぜ合わせ、器に盛り付け、黒ごまをちらす。
このレシピに対するコメント

今までなかなか栗のむき方が上手く出来なかったのでレシピに書いてる通りにやってみます!(*´∀`)♪

2019.11.03

「炊飯器で作る基本の栗おこわ」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?