トリハ(スペイン風フレンチトースト)

キリストの復活を祝う"イースター"のことをスペインでは"セマナサンタ"と呼び、カトリック信者の多いスペインでも盛大に行われます。セマナサンタで食べる物が、今回ご紹介するトリハ。フレンチトーストに似ていますが、卵は衣に使う為、しっとりジューシーな食感が特徴です。
■「和の食材×世界の料理」や「世界の食材×和の料理」の意外な組み合わせで新しいおいしさを発見できる"和DEミックスレシピ "をもっと見る

ポイント
スペインではここに砂糖やハチミツをかけたり、濃いめのコーヒーやお酒に浸して食べます。今回は抹茶パウダーと、しょうゆを使ったみたらし風のシロップでアレンジしました。

人数4人分
調理時間20分
カロリー(1人分)421kcal
塩分(1人分)1.9 g
レシピ制作者加瀬まなみ
材料
フランスパン1/2本
2個
A
牛乳150ml
砂糖25g
シナモン1ふり
B
メープルシロップ大さじ1
ヤマサ 鮮度生活絹しょうゆ小さじ1
抹茶パウダー適宜

作り方

  1. フランスパンを1~2cm厚にカット。 Aを混ぜてパンにかけ、5分ほど置いて馴染ませる。
  2. オリーブオイルを弱火で加熱。STEP1を溶き卵にくぐらせ、両面に卵をつけてフライパンに加える。
  3. 弱火で5分ほど焼き、一度返して更に5分ほど焼く。
  4. 器に盛り付け、お好みで抹茶を茶漉しに入れてふるう。Bを混ぜたシロップを添える。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「トリハ(スペイン風フレンチトースト)」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?