さんまとなすのかば焼き丼

2435
秋に旬を迎えるさんまとなすを使って、「ヤマサ鮮度の一滴 プレミアムだれ」で手軽で美味しい絶品丼を作ります。果実の自然な甘さが食材の味わいを引き立ててくれます。
人数2人分
調理時間約20分
カロリー(1人分)739kcal
塩分(1人分)1.6 g
レシピ制作者冨田 ただすけ
材料
ごはん丼ぶり2杯分
さんま2尾
なす1/2本
大葉2枚
ヤマサ鮮度の一滴 プレミアムだれ大さじ2
小麦粉適量
サラダ油小さじ2

作り方

  1. さんまは頭を落としてワタを除き、水洗いして水気をふき取る。大名おろし※にして、身を3~4等分に切る。塩、こしょう各少々(分量外)をふって下味をつけ、小麦粉を全体に薄くまぶす。なすは斜め1cm幅に切り、同じように小麦粉を薄くまぶす。
    ※「大名おろし」とは包丁で一気に骨と身を切り離す三枚おろしの簡略形です。さんまなどの細身の魚をおろすのに最適な方法です。頭を切り落としたあとの部分から包丁を入れ、そのまま中骨のうえ滑らせるようにして一気に包丁を走らせ、身を中骨からはずします。裏側も同様にします。
  2. フライパンにサラダ油を中火で熱し、なすの両面を焼く。8割ほど焼けたらなすを取り出す。
  3. STEP2のフライパンにさんまの皮を下にして並べ、こんがりと両面を焼く。STEP2を戻し入れて軽く炒め合わせ「ヤマサ鮮度の一滴 プレミアムだれ」を加えてたれを全体にからませる。
  4. ごはんを丼ぶりによそい、STEP3を盛り付ける。大葉をちぎって全体にちらす。
このレシピに対するコメント

旬の秋刀魚を使っていいですね。
ごはんが進みそう!

2018.11.02

これは是非作ってみたいです。箸が止まらなくなりそう。

2016.09.12

大名おろし…やってみたいです。なすと秋刀魚…そんな季節なんですね~作ります!Ψ ( ´ч`♡)

2016.09.10

秋ですね
蒲焼き丼 食べたいです。

2016.09.04

秋刀魚はいつも焼き魚ばかりなので、今年はこちらに挑戦します。

2016.09.04

「さんまとなすのかば焼き丼」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?
    Totop