京釜飯

1032
京都風の釡飯をお家でも。ご飯は「ヤマサ昆布つゆ白だし」を加える事で、簡単に上品な味わいに仕上がります。鶏肉は、半分を細かく切ってダシ用に、もう半分は一口サイズのそぎ切りにし具として楽しみます。
人数2人分
調理時間40分
カロリー(1人分)740kcal
塩分(1人分)2.0 g
レシピ制作者五十嵐夫妻
材料
鶏もも肉150g
適量
玉ねぎ1/4個
にんじん1/4本
ししとう2本
2合分
400cc
ヤマサ昆布つゆ白だし大さじ1と1/2
ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ小さじ1

作り方

  1. 鶏肉は半分は1cm角に切り、残りはそのままでそれぞれ塩をふる。玉ねぎ、にんじんはみじん切りする。ししとうは塩茹でして水にとり、2mm幅の輪切りにする。
  2. 鍋に1cm角に切った鶏肉を入れて弱火にかけ、脂が出るまでじっくり炒める。中火にして玉ねぎ、にんじんを加えてさっと炒めたら米、水、「ヤマサ昆布つゆ白だし」「ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ」を加えて混ぜて鶏肉をのせて蓋をし、煮立ったら弱火にして20分炊いたら10分蒸らす。
  3. 炊きあがったら鶏肉を取り出してそぎ切りして戻し入れ、ししとうを散らして完成。
このレシピに対するコメント

白さが命の釜飯、京風でお上品ですね。

2016.10.26

「京釜飯」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?
    Totop