茄子とインゲンの煮物

Nasu ingen
ヤマサのおいしさ太鼓判レシピ
茄子の皮には老化を防ぐ効果があるポリフェノールが、またインゲンには豊富な植物性タンパク質やビタミン類、ミネラル類が含まれています。「ヤマサ昆布つゆ」で風味のあるやさしい味に仕上げます。
人数2〜3
調理時間25分
カロリー(1人分)83kcal
塩分(1人分)2.1 g
材料
なす5本
みりん大さじ1
ふたつまみ
ごま油小さじ2
300cc
インゲン10本
ミョウガ適宜
ヤマサ昆布つゆ大さじ3

作り方

  1. なすは味がしみる様に縦に細かく包丁目を入れていく。
  2. 鍋にごま油を熱し、なすを入れ皮目全体に油が回るまで炒める。
  3. 水、「ヤマサ昆布つゆ」、みりん、塩を加え中火にかける。沸騰したらキッチンペーパー等で落としぶたをして弱火にしてなすが柔らかくなるまで10分位煮たら、適当な大きさに切ったいんげんを加え、2〜3分更に煮る。
  4. 火を止めて味がしみるよう良く冷ます。
  5. 千切りにしたミョウガを添える。
このレシピに対するコメント

ナスの美味しいこの時期に、たっぷり食べたいレシピですね。

2016.07.11

「茄子とインゲンの煮物」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?
    Totop