小澤弘之(シェフのすき焼き)

766
生姜でさっぱり、ラー油でピリ辛、ふたつの味わいがいい感じに融合した、変わりすき焼き。ポイントは、黒ウーロン茶と紹興酒を入れた割り下。紹興酒のいい香りが食欲をそそります!
人数4人分
調理時間20分
カロリー(1人分)924kcal
塩分(1人分)2.9 g
材料
牛肉1kg
牛脂1片
生姜200g
しいたけ1パック
しめじ1パック
豆苗1束
チンゲン菜1束
しらたき1玉
豆腐1丁
ネギ3本
根みつば1束
ささがきごぼう1本
ヤマサすき焼専科150cc
紹興酒60cc
黒ウーロン茶60cc
白すりごま大さじ2〜3
タカの爪3〜5本
粒山椒10粒
ごま油小さじ3
バルサミコ酢適量
黒酢適量

作り方

  1. 具材を食べやすい大きさに切る。生姜はスライサーで薄く切り、分量外の黒ウーロン茶に5〜10分程度漬け込みエグみをとる。しらたきは、黒ウーロン茶でボイルする。
    もみ込んでもいいし、エグみが好きな方は、漬け込まなくてもいい。一人前50gの生姜は発汗作用があり、消化を助けます。しらたきを黒ウーロン茶でボイルすると独特のクセが抜けます。
  2. 鍋に牛脂をしみ込ませた後ごま油を入れ、そこにタカの爪、粒山椒、ネギを入れ炒め、即席の「うま味牛脂ラー油」をつくります。
    粒山椒は粒のまま入れたほうがいいです
  3. 香りがたったら牛肉を入れて焼く。
  4. あらかじめ「ヤマサすき焼専科」と紹興酒、黒ウーロン茶を混ぜ合わせおき、肉が半分程度焼けたら鍋に注ぎ入れ、食べごろになったら肉をいただく。
    紹興酒が多いほど、香りが立ち華やかになります。多くても味のじゃまをしないのでご安心を。黒ウーロン茶は脂肪の燃焼を促しよりヘルシーという理由で使っていますが、普通のウーロン茶でも、または水でもOKです。
  5. 具材は、まずは豆腐を先に入れて味をしみこませておき、最後に生姜のスライスを入れる。
    ごまをふりかけてもおいしい。
  6. 卵にバルサミコ酢、または黒酢を適量たらして食べてもおいしい! これはお好みで。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「小澤弘之(シェフのすき焼き)」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?
    Totop