焦がしの技きんぴら

定番のきんぴらも、しょうゆの焦がし技で風味よく仕上がります。おつまみにもオススメの一品です。

ポイント
きんぴらにしょうゆをからませるには、1/3より少し多めの焦がし加減がいい。しょうゆを加熱することで、香りもたってきます。

人数2人分
調理時間20分
カロリー(1人分)174kcal
塩分(1人分)1.2 g
レシピ制作者野崎 洋光
材料
ごぼう100g
にんじん30g
白煎りごま大さじ1
七味唐辛子小さじ1
大さじ3
砂糖大さじ2
ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ大さじ1
サラダ油大さじ1

作り方

  1. にんじん、ごぼうの皮をむいて4cmに切り、ごぼうは水にさらしておく。
  2. 酒、砂糖、「ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ」、油を混ぜ合わせておく。
  3. サラダ油をひき、にんじん、ごぼうを強火で炒める。
  4. 火が通ってきたらすべての具を手前に寄せてフライパンの1/3を空け、空けた部分に「ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ」をいれる。
  5. フライパンを傾けたまま、強火で「ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ」を焦がすように火をいれる。
  6. 「ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ」が煮立って泡が大きくなってくる。でも、まだがまん。
  7. これくらいに、汁が1/3量強になれば焦がし完了!
  8. 具とからめてよく水分を飛ばし、最後に七味唐辛子と白煎りごまをふる。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「焦がしの技きんぴら」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?