八角香る鶏むね肉のチャーシュー

鶏の胸肉をつかったチャーシューは、八角を効かせて風味よく仕上げます。そのままおつまみとして食べるほか、麺類にトッピングしたり、混ぜごはんやサンドイッチの具材にするのもおすすめです。

ポイント
残った漬け汁は水を足して炊飯に活用するのもおすすめです。具材に、きれはしの鶏チャーシューを混ぜ込んでチャーシューごはんにしても。

人数1本分
調理時間40分

(上記時間+漬け込み時間半日以上です)

カロリー(1人分)430kcal
塩分(1人分)2.8 g
レシピ制作者柚木さとみ
材料
鶏むね肉1枚(300g前後)
A
少々
はちみつ小さじ1
B
ヤマサ鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ100ml
50ml
はちみつ大さじ1
八角1〜2個
150ml
しょうがスライス(皮付き)2枚
万能ねぎ適量

作り方

  1. 鶏むね肉は余分な脂があれば除き(皮はのこす)、皮を下にして置き、観音開きにして厚さを均一にする。上になっている面にAをすりこみ、手前から奥に巻いてかたちを整え、たこ糸を5ミリ間隔で巻く。
  2. 鍋にBを入れてひと煮立ちさせ、STEP1の鶏肉をとじ目を下にして入れる。中火で1分加熱し、裏返して更に1分加熱する。表面の色がかわったら蓋をして弱火で25分煮る。
    途中、皮がやぶれないよう注意しながら何度か返し、万遍なく火を通します。鍋はあまり大きなものではなく、鶏肉の大きさぴったりくらいのサイズがベスト。鶏肉は半分くらいしか煮汁に浸かりませんが、蓋をして蒸し煮にして中までしっかりと火を通します。
  3. 粗熱がとれたらあたたかいうちに保存袋に移し、冷蔵庫で半日~一日おいて味を馴染ませる。たこ糸をはずし、食べやすい厚さに切り、刻んだ万能ねぎをのせる。
    長く漬けておくと塩辛くなるので、一日置いたら漬け汁から出して、ラップをして保存します。保存は冷蔵庫で4日ほど。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「八角香る鶏むね肉のチャーシュー」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?