昆布ぽん酢香る フレッシュトマトとイカの‟パスタ ティエピダ”

"パスタ ティエピダ"は直訳すると「ぬるいパスタ」という意味で、日本ではあまり馴染みのない食べ方ですが、イタリアでは夏はもっぱらこの常温パスタが食べられています。この”常温”というイタリアらしさを残しつつ、「ヤマサ昆布ぽん酢」で和のエッセンスを加え、イタリアンと和が融合した一皿を完成させました。 
人数2人分
調理時間30分

(タピオカを漬ける時間は除く)

カロリー(1人分)473kcal
塩分(1人分)2.4 g
レシピ制作者半田 雄大
材料
パスタ(生)180g
パスタソース
ヤマサ昆布ぽん酢10cc~
ミニトマト200g
バジリコ少々
オリーブオイル15cc
パスタの具
ヤマサ昆布ぽん酢100cc
オリーブオイル適量
ラディッシュ2個
ズッキーニ半分
スルメイカ半分
タピオカ10g
モッツァレッラチーズ20g
バジリコ少々

作り方

  1. <パスタの具1>タピオカは柔らかくなるまで茹でた後、水気を切ってボウルに入れる。
  2. STEP1に「ヤマサ昆布ぽん酢」をたっぷり注ぐ。
  3. STEP2を半日置く。
    タピオカが「ヤマサ昆布ぽん酢」を吸ってふっくらするまで半日はかかる。
  4. <パスタソース>半分に切ったミニトマト、ちぎったバジリコをオリーブオイルと共に、ミキサーでピューレにする。
  5. STEP4の味(特に酸味)を確認しつつ、「ヤマサ昆布ぽん酢」を加えてパスタソースとする。
    冷蔵庫で30分ほど冷やすとよい。
  6. <パスタの具2>モッツァレッラチーズは、「ヤマサ昆布ぽん酢」に2分ほど漬ける。
  7. STEP6の水気をふき取って一口大に切る。
  8. <パスタの具3>薄くスライスしたズッキーニ、ラディッシュをそれぞれ瞬間的に湯通しする。
  9. STEP8を1枚ずつさっと「ヤマサ昆布ぽん酢」にくぐらせる。
  10. STEP9の水分をふき取る。
  11. スルメイカもさっと湯通しした後、30秒ほど「ヤマサ昆布ぽん酢」に浸す。
    具の部分となるスルメイカなどは、「ヤマサ昆布ぽん酢」にさっとくぐらせることで、味ではなく旨みや香りのみ残すことができる。「ヤマサ昆布ぽん酢」の味の部分はタピオカで補う。
  12. STEP11の水分をふき取り、ごく薄くスライスする。
  13. ボウルに移したSTEP10のズッキーニ、ラディッシュと、STEP12のスルメイカをオリーブオイルであえる。
  14. <仕上げ>生パスタを4分間ゆでる。
    ゆで時間は使用するパスタに合わせる。
  15. STEP14のゆであがった生パスタをボウルに入れ、STEP5のパスタソースを加えてあえる。
  16. STEP15をお皿に盛り、STEP3のタピオカをのせる。脇にSTEP13(ズッキーニ、ラディッシュ、スルメイカ)を盛り、STEP7のモッツァレッラチーズ、バジリコ、STEP3のタピオカをさらにあしらって完成。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「昆布ぽん酢香る フレッシュトマトとイカの‟パスタ ティエピダ”」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?