赤米と栗とぎんなんの秋ご飯

339
今の時期にしか味わえない生の栗やぎんなんはシンプルな食べ方で味わいましょう。赤米を混ぜたご飯に上品な「ヤマサ昆布つゆ白だし」の味付けは赤米、栗、ぎんなんの甘味とうま味を引き出します。
人数4人分
調理時間20分
カロリー(1人分)417kcal
塩分(1人分)1.7 g
材料
300g
ぎんなん80g
1と1/2カップ
赤米1/2カップ
2と1/3カップ
A
大さじ1
ヤマサ昆布つゆ白だし大さじ3
小さじ1/3

作り方

  1. 赤米はさっと洗い、分量の水(2と1/3カップ)に浸水しておきます(1時間)。米は炊く30分前に研いでざるにあげておきます。
  2. 栗をボウルに入れて熱湯を注ぎ、15分程おき、鬼皮をむきやすくします。
  3. 栗の下の部分を薄く切り、切ったところをとっかかりに、包丁の刃元を入れ、下から上に向かってはがすようにして鬼皮をむきます。
  4. 次に渋皮も同様に下から上に向かってはがすようにむいていき、大きければ半分に切ります。ぎんなんは殻を割り中味を取り出して、塩を加えた湯で茹でながら、お玉の背でぎんなんを転がしながら火を通すと薄皮がきれいにはがれます。
  5. 炊飯器にSTEP1の赤米と米を合わせ入れ、混ぜ合わせたを加え、2合目の目盛りまで水を注ぎ栗を平らにのせて、普通に炊きます。炊き上がりにぎんなんを加えて上下によく混ぜていただきます。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「赤米と栗とぎんなんの秋ご飯」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?
    Totop