基本の肉じゃが

3071
おふくろの味といえば肉じゃがですが、作るのがひと手間かかるイメージだと思います。けれど、具材も味付けもシンプルにすることで、作りやすさもおいしさも兼ね備えることができます。「ヤマサすき焼専科」を使ってシンプルな具材で仕上げます。
人数2人分
調理時間30分
カロリー(1人分)449kcal
塩分(1人分)3.6 g
レシピ制作者冨田 ただすけ
材料
牛肉(切り落としやこま切れ)100g
じゃがいも2個(300g)
玉ねぎ1/2個
にんじん1/2本
絹さや7~8枚
A
ヤマサすき焼専科100ml
200ml
サラダ油小さじ1
じゃがいもの種類は好みですが、男爵芋で作るとほくほくとした食感に仕上がるのでおすすめです。

作り方

  1. じゃがいもは4~6等分に切って水にさらす。玉ねぎは1~1.5㎝幅のくし切りに、にんじんはひと口大の乱切りにする。絹さやはヘタと筋を取り除く。牛肉は大きければ食べやすい幅に切る。
  2. 鍋にサラダ油を入れて弱めの中火にかける。水気をきったじゃがいも、玉ねぎ、にんじんを入れて軽く炒める。
  3. STEP2にAを加え、沸いたら牛肉をほぐしながら加える。アクが出てくればお玉ですくい取る。
  4. 落とし蓋をして、鍋肌に見える煮汁がぐつぐつと軽く沸く火加減で10~12分ほど煮る。
  5. 落とし蓋を取ってじゃがいもに串を刺して火通りを確認する。じゃがいもに火が通っていれば、絹さやを煮汁にしずめて2~3分煮て火を通し、煮汁ごと器に盛り付ける。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「基本の肉じゃが」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?
    Totop