揚げ里芋のほっこりおでん

3014
いつものおでんにひと手間加えた、里芋のほっこりとした美味しさを楽しめるおすすめのアレンジレシピです。普通に里芋を加えるのではなく、油でさっと揚げてからおでんの具にすることで、コクが出てうまみもアップしてくれます。

ポイント
時間のないときは里芋を揚げる工程を省いて、いつものおでんの具に里芋を入れるだけでもおいしさが楽しめるのでおすすめです。 ​

人数2人分
調理時間60分

(おでんを冷ます時間を除く)

カロリー(1人分)590kcal
塩分(1人分)9.5 g
レシピ制作者冨田 ただすけ
材料
里芋300g(4~5個)
大根1/3本(300g)
こんにゃく1枚
厚揚げ1枚
ちくわ1本
さつま揚げ2枚
ごぼう天2本
A
ヤマサ昆布つゆ白だし100ml
900ml
揚げ油適量

作り方

  1. 大根は皮を厚めにむいて2~3㎝幅の半月切りにする。鍋にかぶるくらいの水と一緒に入れて火にかけ、竹串がすっと刺さるまでコトコト火を通してから取り出す。
  2. 里芋は皮をむき、大きければ半分に切る。耐熱のボウルに入れてふんわりとラップをして、電子レンジ(600W)で4分加熱する。揚げ油を160~170℃に熱し、ボウルから取り出した里芋を入れて4分ほど揚げて取り出す。
  3. こんにゃくは三角に切って小さじ1の塩(分量外)をまぶして5分おき、さっと下ゆでしてから水気を切る。厚揚げは三角に切り、ちくわ、さつま揚げ、ごぼう天は2~3等分の食べやすい大きさに切る。
  4. 鍋にAを合わせて沸かし、STEP1~3の具材を入れる。沸いたら火を弱めて20~30分ほど煮る。
  5. 火を止めて1時間以上そのまま味をなじませる。食べる直前に火にかけて温めてからいただく。
このレシピに対するコメント

おでんに里芋を入れたことがなかったので作ってみたいです。

2018.11.03

「揚げ里芋のほっこりおでん」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?
    Totop