オイルサーディンと柴漬けのトルティージャ

2739
スペインバルの定番タパスの一つ、厚焼きオムレツ「トルティージャ」。じゃがいもと玉ねぎがスタンダードですが、具バリエも様々。今回はオイルサーディンと柴漬けを加え、「ヤマサ昆布つゆ白だし」で和風味に仕上げました。
■「和の食材×世界の料理」や「世界の食材×和の料理」の意外な組み合わせで新しいおいしさを発見できる"和DEミックスレシピ "をもっと見る

ポイント
今回は直径15cmのスキレットを使用しています。ひとまわり大きめのスキレットまたはフライパン(直径18~20cm)で作る場合、卵を1個増やすと厚みが出ます。

人数2人分
調理時間15分
カロリー(1人分)296kcal
塩分(1人分)8.1 g
レシピ制作者加瀬まなみ
材料
3個
オイルサーディン1缶(100g)
柴漬け30g
玉ねぎ1/2個
パプリカ1/2個
オリーブオイル大さじ1
ヤマサ昆布つゆ白だし小さじ2
タイム粉チーズ適宜

作り方

  1. 玉ねぎは薄切りに、パプリカと柴漬けを5mm角にカットする。
  2. スキレットにオリーブオイルを入れて中火で熱し、玉ねぎを炒める。しんなりしたらパプリカと柴漬けを加えてさっと炒め合わせる。
  3. 卵を溶いてSTEP2、「ヤマサ昆布つゆ白だし」を混ぜる。
  4. 空いたスキレットにオイルサーディンを並べてSTEP3を流し入れ、蓋をして弱火で4~5分蒸し焼きにする。
  5. 表裏を返して更に4~5分焼き、お好みでタイムと粉チーズを散らす。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「オイルサーディンと柴漬けのトルティージャ」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?
    Totop