まる生おろしぽん酢のバラ餃子

2555
母の日に、食べられるお花のプレゼント♪包むより簡単!巻くだけですのでお子様と一緒に作られても。シナモンパウダーを入れると肉の臭み消しになり、爽やかな香りが残ります。下味に入れたぽん酢と肉汁がゼラチン効果でじゅわーっとお口に広がります。さらに、柑橘香るフレッシュな「ヤマサまる生おろしぽん酢」をつけていただきます。
人数2〜4人分 (8個分)
調理時間15分
カロリー(1人分)135kcal
塩分(1人分)0.3 g
レシピ制作者青山 清美/金魚
材料
餃子の皮24枚
アボカド1/2個
エビ(剥いたもの)100g
小さじ2
50ml
ヤマサまる生おろしぽん酢適宜
A
豚ひき肉150g
シナモンパウダー小さじ1/3
粗挽きこしょうひとつまみ
B
ヤマサまる生おろしぽん酢大さじ1
ゼラチン(粉末)2g

作り方

  1. むきエビとアボカドは粗く刻む。Bの「ヤマサまる生おろしぽん酢」は器に入れ電子レンジ(600w)で10秒加熱しゼラチンを入れ良く混ぜ溶かす。
  2. Aをボウルに入れ良く混ぜ合わせ、STEP1を入れざっくりと混ぜ8等分にする。
  3. 餃子の皮3枚をずらしながら並べ、STEP2を中央に横長にのせ、上下をずらし折りたたむ。つなぎ目を水で濡らした指でなぞり、端からくるくると巻き、巻き終わりを水で濡らした指で留める。
  4. フライパンに油を入れ中火の弱で加熱し、熱くなったらSTEP3と水を入れ蓋をして蒸し焼きにする。
  5. 水分が少なくなったら蓋を取り中火にし、底面に焼き色がついたら器に盛り付け「ヤマサまる生おろしぽん酢」を添える。
このレシピに対するコメント

こんな綺麗な餃子が家で作れたらステキ。我が家では定番の餃子はよく作ります。レベルアップをはかるべく試行錯誤していますが、マンネリ化。こんな華やかな餃子もたまにはいいですね、チャレンジしてみます。

2017.10.14

「まる生おろしぽん酢のバラ餃子」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?
    Totop