モツときのこのすき焼き

1545
〆はうどん+チーズがおすすめ。モツに含まれるコラーゲンは野菜に含まれるビタミンCと一緒に摂ると吸収が高まり、肌のハリ艶を保つ効果が期待できると言われてい ます。モツだけだと物足りない人も、豚ヒレ肉を入れればしっかり満足♪「ヤマサすき焼専科」を使えばわりしたを作る手間入らずで簡単においしくすき焼き鍋が作れます。
人数4人分
調理時間30分
カロリー(1人分)434kcal
塩分(1人分)2.6 g
レシピ制作者五十嵐夫妻
材料
豚モツ(※)300g
豚ひれ肉400g
ヤマサ特選生(なま)しょうゆ大さじ1
舞茸2パック
エリンギ4本
しいたけ8枚
ごぼう1本
長ねぎ2本
春菊200g
しらたき2袋
溶き卵4個
600cc
ヤマサすき焼専科100cc
七味唐辛子小さじ1/2
※モツは下茹でしたものを使用いたします。新鮮なモツを使われる場合は、予め下茹でされてからご利用ください。

作り方

  1. 豚ひれ肉は食べやすい大きさに切り、豚モツと合わせて「ヤマサ特選生(なま)しょうゆ」で下味をつける。
  2. 舞茸は食べやすい大きさにほぐす。エリンギは縦4等分、横半分に切る。しいたけは軸を切り落とし、飾り切りする。ごぼうは斜め3mm幅に切り、酢水に5分さらしたら水気を切る。長ねぎは斜め1cm幅に切る。春菊はざく切りする。しらたきは食べやすい長さに切る。
  3. 鍋に水、「ヤマサすき焼専科」、七味唐辛子、ごぼうを入れて中火にかけ、煮立ったら豚モツ、豚ロース薄切り肉、舞茸、エリンギ、しいたけ、長ねぎを加えて10分煮る。
  4. 春菊を加えて火を通したら完成。味をみて、塩分が足りない場合は「ヤマサすき焼専科」を足す。溶き卵をつけて食べる。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「モツときのこのすき焼き」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?
    Totop