きんぴらごぼう

391
きんぴらは、手早く炒めて野菜の歯ごたえを残すのが美味しさのポイント。また、油を少なめにすると、味が入りやすくなり、ごぼうの表面に油膜を作るので旨味を逃がしません。 逆に油の量が多いと、後で調味料を入れたときに味が絡みにくなるので注意しましょう。
人数4人分
調理時間20分
カロリー(1人分)143kcal
塩分(1人分)0.7 g
材料
ごぼう200g(1本分)
にんじん1本
サラダ油30ml
50ml
唐辛子(輪切り)適量
白いりごま適宜
砂糖20g
ヤマサ減塩しょうゆ20ml

作り方

  1. ごぼうとにんじんは5cm長さの拍子木切りにする。ごぼうは水にさらしてアク抜きをし、ザルにあけて水気をきる。
  2. 砂糖と「ヤマサ減塩しょうゆ」は混ぜ合わせておく。
  3. フライパンにサラダ油を熱し、輪切りの唐辛子をさっと炒め、STEP1のごぼうを加えてしんなりするまで炒める。
  4. STEP3STEP1のにんじんを加え、油がなじむまで炒めたら、酒を加える。酒が全て飛んだらSTEP2を加えて煮汁がなくなるまで炒り煮して器に盛る。
    ※お好みで、白いりごまをちらす。
このレシピに対するコメント

油を少なく入れるのがポイントなんですね。多い方がいいのかと思っていました

2016.07.17

「きんぴらごぼう」のクッキングレポ

レポを書く
  • 油は少なく

    旨味を出すには油は少なくていいと
    いつも多い方が味が良くなると思っていました。胡麻忘れました。

    • ラルゴさま
      いつもヤマサのレシピをお試し頂きありがとうございます!
      お料理の基本「きんぴらごぼう」。
      コツをマスターするとお料理の幅がひろがりますよね!
      ありがとうございました♪

Totop