菊花かぶ

菊の花を形どり、長寿を願う「菊花かぶ」は祝いの席やおせちにぴったりです。「ヤマサ昆布つゆ 白だし」を使うことで、酸味とうま味のバランスが取りやすく、食べやすい味付けに仕上がります。

ポイント
甘酢に浸かった状態なら、冷蔵庫で1週間ほど保存可能です。

人数2人分
調理時間40分
カロリー(1人分)62kcal
塩分(1人分)1.7 g
レシピ制作者冨田 ただすけ
材料
小かぶ1玉100g大のものを5つ
塩(塩水用)大さじ1
赤唐辛子(輪切り)1本分
A
大さじ8
砂糖大さじ4
ヤマサ昆布つゆ 白だし大さじ2
大さじ5

作り方

  1. かぶは葉を切り落としてからよく洗う。かぶの上下を平行にそろえるように切り、さらに正方形になるよう4辺を切り落とす。
    切り落としたかぶの端切れは皮ごと3~4㎜幅に切り、軽く塩をした後に水気を軽くしぼり、Aの甘酢に浸け込んでも美味しいです。
  2. STEP1のかぶの手前と奥に割り箸を置いて、2~3㎜幅の間隔で格子状に切り込みを入れる(箸の高さ分は切り落とさないようにする)。
  3. ボウルに水400mlと塩を混ぜ合わせて塩水を作り、STEP2を20分浸け込む。
  4. 保存容器にAを合わせて調味料を溶かし混ぜ、種を除いた輪切り唐辛子を入れる。
  5. STEP3を取り出し、手でギュッと水気をきつくしぼり出す。Aに浸け込み、2~3時間ほど味をなじませてから食べる。器に盛り付けるときは、かぶの切り込みを菊の花びらのように広げ、その中央に輪切り唐辛子を置く。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「菊花かぶ」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?