ハーブチキンの竜眼巻きグリル

中国料理の前菜の一品でお祝いの際に食べられるものが、日本では縁起の良いお節料理にもなっている「竜眼揚げ」をハーブと「ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ」で味付けした鶏のささみで和洋折衷なグリルにしてみました。
■「和の食材×世界の料理」や「世界の食材×和の料理」の意外な組み合わせで新しいおいしさを発見できる"和DEミックスレシピ "をもっと見る
人数4人分
調理時間30分
カロリー(1人分)235kcal
塩分(1人分)1.5 g
レシピ制作者マッキー(@mackinpo)
材料
鶏肉(ささみ)500g
うずらの卵8個
海苔(半切)2枚
乾燥ハーブミックス(市販のもの)少々
日本酒少量
オリーブオイル大さじ2
ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ大さじ2

作り方

  1. うずらの卵を茹でて皮をむいておく。鶏のささみはキッチンペーパーで水気や汚れを拭き、肉たたきなどで少し叩いてからバットに並べて「ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ」と乾燥ハーブミックス・日本酒をふりかけて下味をつけておく。
  2. STEP1の鶏のささみを台に並べたら、肉と同様の大きさに切った海苔をのせ、茹でたうずらの卵を置いて端から巻いていく。巻いた肉が離れるようなら爪楊枝を刺して留めておく。
  3. 耐熱皿にSTEP2の巻いた肉を並べてオリーブオイルをふりかけ、200℃のオーブンで15分くらい焼き上げる。
  4. オーブンから取り出したら少し冷ましたのち、中のうずらの卵の中心で切るつもりで、焼き上がった肉を巻いた方向と同じ向きで半分に切る。
    せっかく巻いて焼いた肉がばらけないよう、またうずらの卵も崩れないよう、切る際は巻いた方向で包丁を当ててスッと引くように切ってください。
  5. 中のうずらの卵が竜の眼に見えるように並べて完成。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「ハーブチキンの竜眼巻きグリル」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?