基本のかつおのしょうが煮

かつおの刺身は初夏から秋にかけてが旬の時期。生で食べるのもおいしいけれど、しっかり火を通して常備菜としてご飯のお供にするのもおすすめです。しょうがをしっかり効かせ、味濃く、風味よく仕上げます。冷蔵庫で4~5日日持ちします。
人数2人分
調理時間30分
カロリー(1人分)268kcal
塩分(1人分)1.5 g
レシピ制作者冨田 ただすけ
材料
かつおの刺身200g
しょうが20g
A
ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ特選減塩しょうゆ大さじ2
みりん大さじ2
大さじ2
砂糖大さじ1と1/2
大さじ4

作り方

  1. かつおの刺身は2~3㎝角に切ってボウルに入れ、塩ふたつまみ(分量外)をふって10分ほどおく。
  2. STEP1をザルに移して熱湯をまわしかけて、水気を切る。
  3. 鍋にSTEP2とA、薄切りにしたしょうがを加える。
    しょうがは皮をむいて、繊維を断つように薄切りにしてください。そうすることでしょうがの風味がより出やすくなります。
  4. 鍋を中火にかけ、沸いたらアクをすくい取る。火を少し弱め、煮汁がぐつぐつ煮立つ状態を保って煮る。
  5. 煮汁の沸騰する泡が大きくなり、汁気がほとんどなくなるまで煮詰めれば、火を止める。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「基本のかつおのしょうが煮」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?