蒲焼き缶とラーポンのおかず温奴

蒲焼き缶詰を使って、手軽におもてなし風の一皿。サクカリ楽しい食感のラーポンは、温野菜やごはんの友にも。豆腐はレンジで温めて使うことで、仕上がりが水っぽくなるのを防ぎます。
■「和の食材×世界の料理」や「世界の食材×和の料理」の意外な組み合わせで新しいおいしさを発見できる"和DEミックスレシピ "をもっと見る
人数2~4人分
調理時間15分
カロリー(1人分)220kcal
塩分(1人分)0.6 g
レシピ制作者加瀬まなみ
材料
豆腐(木綿)1丁(約300g)
蒲焼き缶詰1缶
白ねぎ1/2本
しらす30g
ピーナッツ10g
にんにく2片
ごま油大さじ3
ヤマサ昆布ぽん酢大さじ1
ラー油小さじ1/2

作り方

  1. にんにくをみじん切りに、ピーナッツを粗みじん切りにする。白ねぎは白髪に刻み、水にさらす。
  2. ごま油・にんにく・ピーナッツを弱火で熱し、3~4分。にんにくが色づいてきたらしらすを加える。 全体がカリッとしてきたら火を止め、ラー油・「ヤマサ昆布ぽん酢」を混ぜる。(ラーポンの完成)
    ラーポンは残ったら清潔なジャム瓶などに入れてストックOK。夏場は冷蔵庫で、夏以外は常温で保存。5日~1週間を目安に食べきります。
  3. 2枚重ねにしたキッチンペーパーで豆腐を包み、電子レンジ500wに3分かける。8等分にカットし、器に並べる。
  4. 蒲焼き缶詰の汁気をきり、豆腐の大きさにあわせてカットし、豆腐に1切れずつのせる。STEP1のねぎの水気を軽く絞ってのせ、STEP2をかける。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「蒲焼き缶とラーポンのおかず温奴」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?