基本のさんまの梅煮

さんまの梅煮は、濃いめの味付けの中に、梅やしょうがの風味がきいて、さっぱりとおいしくいただけます。さんまは下処理も手軽なので、ぜひ旬の時期に作ってみてください。
人数2人分
調理時間30分
カロリー(1人分)380kcal
塩分(1人分)3.5 g
レシピ制作者冨田 ただすけ
材料
さんま2尾
梅干し小3~4個(大なら1~2個)
しょうが1かけ(10g)
A
150ml
大さじ2
大さじ1
B
ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ大さじ1と1/2
砂糖大さじ1と1/2

作り方

  1. さんまは頭と尾っぽを切り落として4等分の筒切りにする。切り口から内臓を箸などで押し出して除き、さっと洗って水気を切る。しょうがは皮をむいて薄切りにする。
  2. 鍋にSTEP1を広げ入れ、Aの水と調味料、梅干しを加える。
  3. 鍋を中火にかけ、沸いたらアクをすくい取る。落し蓋をして火を少し弱めて5分煮る。
  4. 落し蓋を一度外してBを加え、鍋を傾けて煮汁をまわして調味料を溶かし混ぜる。落し蓋を戻して5分煮る。
  5. 落し蓋を外し、火加減はそのままで10分ほど煮汁を煮詰める。煮汁が少なくなって軽くとろみが付くくらいになれば、火を止めて器に煮汁とともに盛り付ける。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「基本のさんまの梅煮」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?