基本の牛丼

3070
少し甘辛くてご飯が進む味付けの牛丼は、「ヤマサすき焼専科」を使うことでばっちり味が決まってくれます。玉ねぎの甘みや食感とも相性がよいので、じっくり柔らかく炊いて仕上げてください。
人数2人分
調理時間30分
カロリー(1人分)772kcal
塩分(1人分)5.7 g
レシピ制作者冨田 ただすけ
材料
ごはん丼ぶり2杯分
牛肉(切り落としやこま切れ)250g
玉ねぎ1/2個
紅しょうが少々
A
ヤマサすき焼専科150ml
200ml
牛肉は適度に脂身の入ったものを選ぶと、柔らかく、脂の甘みも感じられる仕上がりになります。

作り方

  1. 玉ねぎは1~1.5㎝幅のくし切りにする。牛肉は大きければ食べやすい幅に切る。
  2. 鍋にAを合わせて玉ねぎを入れ、中火にかける。
  3. 煮汁が沸いたら牛肉をほぐしながら入れ、アクが出てくればすくい取る。
  4. 火加減を少し弱め、煮汁がぐつぐつと軽く沸く火加減で15~20分ほど煮る。
  5. 玉ねぎが色づいて煮汁がある程度煮詰まれば、ごはんの上によそい、紅しょうがをそえる。
このレシピに対するコメント

今晩牛丼が食べたくなりました。

2019.01.31

すごく食べたいです。

2019.01.28

「基本の牛丼」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?
    Totop