基本の雑煮(すまし仕立て 白だし)

角餅を使ったすまし仕立てのお雑煮のレシピです。オーソドックスな基本となる具材を彩りよく組み合わせています。「ヤマサ昆布つゆ 白だし」のまろやかなうま味に、鶏肉のコクがプラスされ、品よく味わい深く仕上がります。
人数2人分
調理時間30分
カロリー(1人分)219kcal
塩分(1人分)2.9 g
レシピ制作者冨田 ただすけ
材料
餅(角餅)2個
かまぼこ4切
鶏もも肉50g
にんじんの輪切り4切
小松菜1/5束
A
ヤマサ昆布つゆ 白だし大さじ1
ふたつまみ

作り方

  1. 鶏肉は皮ごと7~8㎜幅のそぎ切りにしてボウルに入れ、熱湯を注ぎ入れて箸でさっと混ぜてからざる上げする。塩ひとつまみ(分量外)をまぶして下味をつける。
    鶏肉は霜降りをすることで余分なぬめりや脂を落とすことができ、仕上がりのおすましがよりクリアになってくれます。
  2. にんじんは5㎜幅の輪切りにして、かまぼこも同じく5㎜幅に切っておく。小松菜は熱湯で1分ほど下ゆでしてから冷水にとって色止めし、水気をしぼって4~5㎝長さに切りそろえる。角餅はグリルや焼き網でこんがりと焼いておく。
    小松菜は別ゆでしたほうが、おすましに色が移ったり、小松菜をゆですぎたりする心配がなくなるのでおすすめです。
  3. 鍋に水400mlとにんじんを入れて火にかけ、沸いたら火を弱める。STEP1の鶏肉とAの調味料を加え、にんじんがやわらかくなるまで火を通す。最後にかまぼこと小松菜を入れてさっと温める。
  4. お椀に先に具材を盛り付ける。奥から鶏肉、かまぼこ、にんじん、小松菜を盛り付け、手前に焼いた餅を置く。最後に熱々のつゆをかける。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「基本の雑煮(すまし仕立て 白だし)」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?