白だしご飯とかに玉握り

3036
今日はおうちでお寿司屋さん♪「ヤマサ昆布つゆ 白だし」で炊いたご飯は香りもご馳走です。すだちをきゅっと搾って爽やかな酸味をつけました。ふんわりしっとり卵焼きにはお手頃なかに缶詰でいつもよりも特別感をプラスしました。
人数2人分(8貫分)
調理時間10分

(炊く・冷ます時間等除く)

カロリー(1人分)301kcal
塩分(1人分)1.5 g
レシピ制作者青山 清美/金魚
材料
白だしすだちご飯※1160g
たまご3個
かに缶詰1缶
砂糖小さじ1
※1 白だしすだちご飯(作りやすい分量)
無洗米1合
ヤマサ昆布つゆ 白だし25ml
1合から25mlひいた量
すだち1個

作り方

  1. <白だしすだちご飯の作り方>炊飯器に無洗米を入れ、「ヤマサ昆布つゆ 白だし」を加え、水を1合の目盛りまで注ぎ 普段通りに炊飯し、炊き上がったらすだちを絞り、さっくりと混ぜる。
  2. ボウルの上にざるをセットし、卵を割入れ白身を切るように溶きながら濾す。もう一度繰り返し滑らかに溶きほぐしたら、かに身を飾り用に少し取り置き、残りを(汁ごと)全て加え混ぜ合わせる。
  3. 卵焼き器に油(分量外)を塗りよく熱してから、STEP1を1/3量流し込み、固まりかけてきたら菜箸又はヘラで奥から手前に巻き、奥にずらす。これをあと2回繰り返し、卵焼き器を傾け側面も焼く。
  4. STEP2をキッチンペーパーを敷いたまな板の上に置き包みしばし置き、粗熱が取れたら両端を切り、8等分に切る。
  5. 白だしすだち飯20gを水で湿らせた手のひらにとり、手のひら全体で軽く俵型に丸める。
    握りのごはんを、ふわりとした食べ心地にするポイント。白だしすだち飯20gを水で湿らせた手のひらにとり、手のひら全体で軽く俵型に丸めた後に、親指で中央に穴をあけ、今度は空けた穴を埋めるように軽く丸めると、お口に頬張った時にほろりと米粒がほどけます。
  6. STEP3をのせ、もう一方の手の人差し指と中指で上からきゅっと押し、両端を親指と中指の腹できゅっと押し整える。これをもう一度繰り返したら完成。最後に取り置きしたかに身をのせる。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「白だしご飯とかに玉握り」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?
    Totop