さんまのピカタ

2955
秋が旬のさんまを3枚におろし、食べやすいピカタにアレンジします。食べるときはケチャップ&しょうゆを添えてちょっぴり和風にすることで、ごはんにも合うおかずになってくれます。魚売り場で3枚におろすところまでやってもらうと、より手軽に作ることができると思います。
■「和の食材×世界の料理」や「世界の食材×和の料理」の意外な組み合わせで新しいおいしさを発見できる"和DEミックスレシピ "をもっと見る
人数2人分
調理時間15分
カロリー(1人分)422kcal
塩分(1人分)3.1 g
レシピ制作者冨田 ただすけ
材料
さんま2尾分
小麦粉大さじ1ほど
1個
サラダ油小さじ1
A
ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ大さじ1と1/2
ケチャップ大さじ1と1/2

作り方

  1. さんまは3枚におろして腹骨をすき取る。長さを3~4等分に切り、塩、こしょう各少々(分量外)をふりかけて下味をつける。
  2. フライパンにサラダ油を入れて中火にかけ、小麦粉を薄くまぶしたさんまを、よく溶いた卵にくぐらせて皮から焼く。卵液が残ったら、さんまの上からまわしかける。
  3. フライパンにすべてのさんまが入れば火加減を少し弱め、合計3~4分かけて、さんまの両面を焼く。
    さんまを焼くときは、皮から焼くとよいです。そうすることで、皮側をきれいに焼き上げることができます。盛り付けのときには、その皮目を上にすることで、卵の黄色とさんまの皮側の色合いが映えてくれます。
  4. さんまに火が通れば器に取り出す。別皿にAの「ヤマサ鮮度の一滴香り立つ超特選しょうゆ」とケチャップを合わせて添え、つけながらいただく。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「さんまのピカタ」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?
    Totop