トマトとそら豆の和風カプレーゼ

2851
初夏に旬をむかえるそら豆を彩りよくゆでてから、イタリア料理の定番サラダ、カプレーゼにアレンジします。野菜、モッツァレラチーズ、バジルのそれぞれ個性的な風味も、オリーブオイル&「ヤマサ鮮度の一滴香り立つ超特選しょうゆ」でうまくまとまり、バランスよくおいしく仕上がります。
■「和の食材×世界の料理」や「世界の食材×和の料理」の意外な組み合わせで新しいおいしさを発見できる"和DEミックスレシピ "をもっと見る
人数2人分
調理時間10分
カロリー(1人分)205kcal
塩分(1人分)0.8 g
レシピ制作者冨田 ただすけ
材料
トマト100g(小なら1個、大なら1/2個)
モッツァレラチーズ100g
そら豆10粒ほど
バジル(葉)あれば少々
A
鮮度の一滴香り立つ超特選しょうゆ小さじ1
オリーブオイル小さじ1と1/2
ふたつまみ
粗びき黒こしょう少々

作り方

  1. そら豆はさやから取り出して薄皮をむく(そら豆は黒っぽい筋の裏の部分に爪を立て、その部分をきれいにむき取り、そこを起点に全体の薄皮をむき取るとよい)。
  2. 鍋に湯を沸かし、塩ひとつまみ(分量外)を加え、皮をむいたそら豆を2分ほどゆでて取り出す。水には浸けずにそのまま冷ます。
  3. トマトはヘタを切り取って、(大きければ縦半分に切ってから)7~8㎜幅に切る。モッツァレラチーズも水気を切ってから7~8㎜幅に切る。
  4. 器にトマトとモッツァレラチーズを交互に並べ、まわりにゆでたそら豆をちらす。
  5. Aの塩をはじめに全体にふりかけ、続けて残りの「ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ」、オリーブオイル、粗びき黒こしょうを順にかける。最後にバジルの葉をちらす。
このレシピに対するコメント

チーズもトマトも大好きで、お酒のおつまみに最高ですね。

2018.06.04

「トマトとそら豆の和風カプレーゼ」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?
    Totop