紅白なます入り 酸辣湯風スープ

紅白なますの酸味を活用し、すっぱ辛いスープに。卵や青菜なども加えて仕上げます。

ポイント
本来とろみのあるスープですが、大根の消化酵素でとろみが分解されてしまうので、今回は片栗粉は加えずさらりとした仕上がりにしています。

人数4人分
調理時間20分
カロリー(1人分)150kcal
塩分(1人分)2.7 g
レシピ制作者柚木さとみ
材料
なます120g
2個
青梗菜1株
しいたけ3枚
A
4カップ
鶏ガラスープの素(顆粒)大さじ1
紹興酒大さじ3
小さじ1/4~
ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ大さじ2
ラー油小さじ4

作り方

  1. 卵はボウルに割り入れよく溶く。青梗菜の葉は5cm長さに切り、根元は食べやすい長さにして縦に4〜6等分に切る。しいたけは軸と笠に分け、軸は石突きを除き薄切りにする。笠は5mmの厚さに切る。
  2. 鍋にAとしいたけを入れ中火にかける。煮立ったら円を描くように溶き卵を流し入れる。卵がふわっと浮いてくるまで混ぜず、浮いてきたら底から返すようにざっと混ぜる。
  3. 青梗菜となますを加え、さっと火を通したら火を止め、「ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ」を加え混ぜる。味をみて塩(分量外)で整える。器に盛り、ラー油をかける。
    「ヤマサ鮮度の一滴 香り立つ超特選しょうゆ」の風味が生かされるよう、しょうゆは火を止めてから加えます。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「紅白なます入り 酸辣湯風スープ」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?