干し椎茸のこく味鍋

干ししいたけは、天日に干すことによって、ビタミンDの含有量が、生の10倍に も増え、また旨味もグッと増します。ビタミンDは、歯や骨を丈夫にするだけでなく、脳神経の発育にも欠かせない成分。美容にもよく、皮膚の抵抗力を増し、肌あれ防止効果が期待出来ます。
人数4人分
調理時間25分
カロリー(1人分)442kcal
塩分(1人分)1.7 g
材料
豚ばら肉(薄切り)400g
干ししいたけ8個
塩蔵わかめ100g
チンゲン菜240g(2株)
舞茸100g(1パック)
えのき茸100g(1袋)
ミニトマト8個
2000ml(10カップ)
ヤマサ昆布ぽん酢適宜

作り方

  1. 干ししいたけを水2000mlの水で戻す。(この水は捨てない。)
  2. 塩蔵わかめは、表面の塩を水で流してから水につけて戻し、食べやすい大きさに切る。
  3. 豚ばら肉は一口大に切る。
  4. チンゲン菜は根元を切り落とし半分に切る。舞茸は小房に分け、えのき茸も根元を切り落とし小房に分ける。
  5. 土鍋にSTEP3を入れてSTEP1の水を加え火にかけ、アクをとりながら沸騰したら、STEP1の干ししいたけ、STEP2STEP4、ミニトマトを入れる。
  6. STEP5に火がとおったら、「ヤマサ昆布ぽん酢」をつけていただく。
    ※「ヤマサ昆布ぽん酢」にごま油を数滴入れたものでいただくと中華風になります。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「干し椎茸のこく味鍋」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?