アボカドとエビの冷え冷えサラダうどん

熱中症予防に必要なビタミン、ミネラルが豊富なアボカドとエビの組み合わせ。老化予防に効果的な抗酸化物質や良質な油、血液をサラサラにする助けとなるビタミンEなども多く含みます。ごまだれ専科のごまのアンチエイジング効果と合わせて若返りの1品に。
人数1人
調理時間15分
カロリー(1人分)784kcal
塩分(1人分)11.4 g
材料
うどん1束
レタス1/2枚
アボカド1/2個
ボイルエビ50g
こしょう少々
レモン汁小さじ1
ヤマサごまだれ専科150ml

作り方

  1. うどんは表示時間で茹で、茹で上がったら流水で洗い水気を切る。
  2. アボカドは皮をむいてサイコロ状に切り、レタスは手で食べやすい大きさにちぎる。
  3. STEP2のアボカドとボイルエビをボウルに入れてレモン汁、塩、こしょうで味を調える。
  4. STEP1を器に盛りつけSTEP2のレタス、STEP3をのせて「ヤマサごまだれ専科」を回しかける。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「アボカドとエビの冷え冷えサラダうどん」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?