鮮魚のカルパッチョ

1774
日本料理にも塩で〆るという技法がありますが、時間と手間がかかるもの。この裏技では、塩の浸透圧の作用を利用することで15分程で魚から臭みと水分が抜け、誰でも手軽に美味しいカルパッチョが作れます。また砂糖を入れることで魚の酸化を防ぎ、きれいな色を保つ効果もあります。おもてなしの前菜などにも大活躍な一品です。

※ 本レシピは、「すぐに使える シェフの裏ワザ!」の「ラ フィネス」杉本 敬三シェフ考案レシピです。その他のシェフの裏ワザレシピはこちらから。
人数4人分
調理時間20分
カロリー(1人分)174kcal
塩分(1人分)1.6 g
レシピ制作者杉本 敬三
材料
薄造りになった鮮魚400g
6g
砂糖3g
ドレッシング(レモン果汁、オリーブオイル)適量(お好みで)

    作り方

    1. 薄造りになった魚を準備する。
      スーパーなどのお刺身を利用すると手軽です
    2. 塩と砂糖をボールで良く混ぜる。
    3. STEP1の魚にSTEP2の塩と砂糖をまんべんなくふりかける。
      魚のグラムに対して1.5%の塩とその半分の砂糖が目安
    4. キッチンペーパーなどでしっかりとふたをして冷蔵庫で15分待つ。
    5. 15分後、水分が出てきているので良く拭き取り、好みでレモン果汁やオリーブオイルなどをかける。
    このレシピに対するコメント

    お砂糖を使うのが驚きました。「シェフの裏ワザ」 参考になります。

    2017.11.29

    「鮮魚のカルパッチョ」のクッキングレポ

    レポを書く
    • okamiki4939さん from SnapDish
      2014.07.28
      ホタテカルパッチョ🍴    カンパリオレンジ🍊  【つくったよでプレゼント♪】

      • KODFENさん from SnapDish
        2014.07.21
        ヤマサ醤油公式アカウントさんの料理 「すぐに使える!シェフの裏ワザ」鮮魚のカルパッチョ【つくったよでプレゼント♪】

        ドレッシングに
        トマトと刻みタマネギも入れてみました

        • shimakura173さん from SnapDish
          2014.07.18
          ヤマサ醤油公式アカウントさんの「すぐに使える!シェフの裏ワザ」鮮魚のカルパッチョ【つくったよでプレゼント♪】

          Totop