ズッキーニと夏野菜の素揚げびたし

ズッキーニなどの彩りのよい夏野菜は油との相性もばっちり。素揚げしてさっと火を通し、「ヤマサ昆布つゆ」で作ったひたし地に浸け込めば、それだけで見栄えのするおかずが出来あがります。
人数2人分
調理時間約20分
カロリー(1人分)183kcal
塩分(1人分)3.3 g
レシピ制作者冨田 ただすけ
材料
ズッキーニ1本
オクラ4本
なす1/2本
パプリカ(赤)1/2個
A
ヤマサ昆布つゆ大さじ4
250ml
揚げ油適量

作り方

  1. ズッキーニは1cm幅の輪切りにする。オクラは丸ごと揚げるので、中央に浅く切り込みを入れる。なすは縦6~8等分にして、パプリカは種を取り除いて縦に1cm幅に切る。Aを容器に合わせておく。
  2. STEP1の野菜の水気をキッチンペーパーなどでふき取り、170℃に熱した油で少量ずつ素揚げする。それぞれ1分~1分半を目安に、野菜に火が通れば取り出してAに浸け込む。
  3. 粗熱が取れたら冷蔵庫に移し、2~3時間味をなじませる。
このレシピに対するコメント

作り置きに良いですね。
素麺と頂いても相性が良さそうです。

2017.06.10

夏野菜が美味しそう。

2017.06.09

「ズッキーニと夏野菜の素揚げびたし」のクッキングレポ

レポを書く
    最初のクッキングレポを投稿しませんか?