ひつまぶし風散らし寿司

1219
うなぎの代わりに、手軽な「さんまの蒲焼缶」を使うアイディアひつまぶし。卵の黄色が菜の花を連想させる事から、お雛様の変わりちらし寿司としてもおすすめです。
人数2~3
調理時間5分

ご飯と卵を冷ます時間を除く

カロリー(1人分)429kcal
塩分(1人分)2.5 g
レシピ制作者奥田和美
材料
ご飯500g
A
さんまの蒲焼き缶(汁ごと)1缶
ヤマサ昆布つゆ 白だし大さじ1と1/2
きゅうり1/2本
炒りごま大さじ1
B
2個
ヤマサ昆布つゆ 白だし小さじ1/4
砂糖小さじ1/4
刻み海苔適量
※お酢の代わりにご飯に白だしを入れる事で、さんまの蒲焼きの生臭さを抑えます。

作り方

  1. きゅうりは斜め薄切りにし、更に細切りにする。Aを混ぜて薄焼き卵を作り、細切りにする。
  2. ご飯とAを全てよく混ぜて冷まし、器に盛る。その上にSTEP1の卵と刻み海苔を散らす。
このレシピに対するコメント
最初のコメントを投稿しませんか?

「ひつまぶし風散らし寿司」のクッキングレポ

レポを書く
  • mikkishmさん from SnapDish
    2013.03.20

    錦糸卵ではなく、
    ふわふわの炒り卵で^_^

    Totop